Blog&column
ブログ・コラム

3Dパースとは?

query_builder 2021/09/01
コラム
1
マンションやビルなどをデザインしてもらう際に、平面図だけではイメージが湧きにくいですよね。
そのため、実際に建物が完成してから「思ったのと違う…」と感じることもあります。
そこで採用されているのが、3Dパースです。
今回は、3Dパースについて解説していきます。

▼3Dパースとは
3Dパースとは建物を立体的な絵に表したもので、主に建築業界で使用されています。
建築パースにはいくつか種類があり、手書きで作成するものとPCソフトで作成するものがあります。
3Dパースは専用のソフトを使って作ることができ、写真のような仕上がりになります。
これで建物の外観や室内をデザインし、顧客に完成形のイメージとして提案するのに使われています。

▼3Dパースを用いるメリット
3Dパースは360度どこからでも確認することができ、さらに平面図では表せないところまで細かく表現することができます。
また、外観やインテリアの色なども自由に変更できるので、実物を見ているかのような感覚になりより完成形をイメージしやすくなります。
そして、3Dパースを見て気に入らないところは修正することができるので、理想と完成形のギャップをなくすことができるでしょう。
建物の外観やデザイン、間取りなどは図面や言葉だけではイメージしにくいですが、3Dパースを用いることでお互いの認識の相違をなくすことができます。

▼まとめ
3Dパースは、マンションや施設などの建物を作る際に完成形をイメージしやすくするために用いられています。
弊社では、精密な3Dモデルを立ち上げて打ち合わせの際に活用しているので、希望に沿ったデザインを提案することができます。

NEW

  • 大規模修繕工事の現場監理

    query_builder 2021/09/16
  • 大規模修繕工事の現場監理

    query_builder 2021/09/02
  • 外部駐輪場のレイアウト変更が終わりました。

    query_builder 2021/08/30
  • RC造は足音や生活音が響く?

    query_builder 2021/09/21
  • RC造の基礎形状について

    query_builder 2021/09/17

CATEGORY

ARCHIVE